「未分類」カテゴリーアーカイブ

チャンピックスで禁煙!効果や購入方法は?

チャンピックスで禁煙する

タバコは、一度吸い始めると癖になります。

体に良くないと思いながらもなかなか辞められず、そのまま依存してしまうのです。

タバコに依存してしまった人たちを治療するために、禁煙外来も開かれています。

禁煙補助薬としては、ニコチンパッチが主流でした。

そして、新しく登場した禁煙補助薬が、チャンピックスです。

チャンピックスは、ニコチンが脳の神経細胞にあるニコチン受容体に結合するのを防ぎます。その結果、イライラ感や集中力の低下などのニコチン離脱症状を軽減したり、タバコが以前ほどおいしく感じなくなったりするのです。

チャンピックスは、禁煙の開始予定日を決め、その1週間前から服用します。

まず、チャンピックスの使用を開始した1日目から3日目までは、1日1回食後に服用するのです。4日目から7日目は1日2回、朝と夕食後に服用します。

8日目から禁煙開始です。

チャンピックスの服用は、8日目から14日目は1日2回、朝と夕食後に行います。14日以降は、1日2回の服用を12週間続けます。

チャンピックスの値段は11,298円です。自己負担3割と考えると、初診料や再診料、処方せん料などを足しても、価格は1,708円です。

チャンピックスを通販で購入する

禁煙の本来の流れは、禁煙外来の病院やクリニックで診察を受けて、禁煙補助薬を処方してもらいます。

病院以外でも、ドラッグストアなどで現在禁煙補助薬の購入は可能です。

しかし、チャンピックスは、医療用医薬品に分類されているために、医師の処方箋を必要とする医薬品です。

そのため、医師の診察を受けずにチャンピックスを購入するには、個人輸入代行サイトを使わなければなりません。

国内では、個人的な使用が目的であれば、医薬品の輸入が認められているのです。

一度に輸入できる量は1ヶ月分なので、まとめ買いはできません。

また、個人輸入で購入した薬で副作用が起こったり、薬が偽物であったりしても、すべて自己責任となります。

このように、海外の商品を取り寄せるのにはリスクを伴います。

個人輸入代行サイトを選ぶ時には、実績がある大手に依頼し、できるだけリスクを減らしましょう。

ニコチンパッチで禁煙!効果や副作用は?

ニコチンパッチで禁煙する

ニコチンパッチは、禁煙補助薬です。正しく使うことによって、ニコチン中毒を改善できます。

使い方は、症状によってその量を決める必要があるのです。

医療用に発売されているものは、大中小の3種類があり、大きさに合わせて含まれるニコチンの量も少なくなります。

ニコチンパッチは、禁煙4週目までは大、6週目までは中、8週目までは小を使用します。

ニコチンパッチを貼るタイミングは、朝起きた時です。

同じ場所に貼り続けるとかぶれやすくなるので、毎日場所を変えて貼ります。

ニコチンパッチの効果は、ニコチン離脱症状によるイライラの抑制です。

また、8週目までに禁煙できない場合は、それ以外の方法で禁煙を考える必要があります。ニコチンパッチは禁煙外来で処方されるほか、薬局やドラッグストアでも購入可能です。

薬局などの値段は、14枚入りで3,000円程度で、3カ月分使用すると36,000円必要になります。

ニコチンパッチで禁煙!副作用が気になる

ニコチンパッチには、強い副作用はないとされます。

しかし、用法用量を守らずに使用することによって、過剰に体内にニコチンが取り入れられるリスクがあるのです。ニコチンパッチの用法用量を守り、1日1箇所だけ貼りましょう。

また、タバコとニコチンガムを併用した場合も、ニコチンが過剰になる恐れがあります。

ニコチンパッチは、あくまでも禁煙中のイライラを抑えるための補助薬です。

なお、ニコチンの過剰摂取は、心筋梗塞や心不全を起こすリスクが高まります。

ニコチンパッチは皮膚にダメージを与えるため、同じ場所に毎日パッチを貼ると、かぶれます。

パッチを貼る場所は毎日変える必要があります。

ただ、口の中で噛むガムと比べると、摂取できる場所は多いのです。

用法用量をちゃんと守ることで、身体に与える影響を最小限にしてニコチン中毒を改善できます。

ニコチンガムで禁煙!効果や副作用は?

ニコチンガムで禁煙する

ニコチンガムは、少量のニコチンが含有された禁煙補助薬です。

タバコをやめようとすると離脱症状が発生します。離脱症状とは、タバコを吸いたくてたまらない気持ちやイライラ感が起こることです。

離脱症状が生じると、その症状の苦しさから、またタバコを吸ってしまいがちです。

しかし、離脱症状を感じた時にニコチンガムを使えば、イライラ感などが抑えられます。

ニコチンガムは、禁煙中にイライラ感や不安感などがあらわれたら30分から60分かけて噛むのです。

少量のニコチンを摂取することで、離脱症状を抑えられます。

ニコチンガムの回数を減らすタイミングは、ニコチンガムを使用してから1カ月ほど経過した頃です。最終的にはニコチンガムも使わずに生活できたら、禁煙の成功となります。

ニコチンガムの値段は、10個入りで1,000円前後です。96個入りの場合は6,000円前後が相場となっています。また、ドラッグストアでは、割引などでより安く買えます。

ニコチンガムで禁煙!副作用が気になる

ニコチンガムは禁煙補助薬であるため、人によっては副作用が起こる場合があります。

副作用の症状は、めまいや吐き気、頭痛、動悸などです。また、皮膚の痒みや食欲不振などの体調不良が生じる場合もあります。

このような症状があらわれた時は、医師や薬剤師に相談するのがおすすめです。

また、口の中やのど、舌が荒れたり、歯肉炎が起こります。

これらの異常は、ガムを使う時に、ゆっくり噛むことを心がければ起こりません。

そのため、噛み方には気をつけましょう。

また、ニコチンガムを使い始めたらタバコを吸うのはやめましょう。

使用中や、使用し終わった後にタバコを吸うと、ニコチンが過剰摂取されることになり、めまいや吐き気などの副作用が起こります。

ニコチンガムで禁煙する時は、説明書をよく読んでから使用上の注意を守って使いましょう。

紙巻タバコと加熱式や電子式タバコの違い

アイコスと紙タバコの比較

映画やテレビドラマなどの中で、タバコをふかすシーンにかっこよさを感じたことはないでしょうか。

しかし、最近ではタバコに良くない印象を抱く人も多く、『かっこいい』というイメージからは遠ざかってきています。

タバコの煙には多くの物質が含まれており、その内の200種類以上が健康に害を与えると言われています。

近年は、多くの店舗や公共施設内で禁煙化が進んでいます。

タバコは吸う人だけでなく、周りにいる人にも害を与えます。

タバコと言えば、一般的に紙で巻いたものをイメージする人が多いと思います。

しかし、アイコスという、火の使用がなく、灰が出ないタバコが登場しました。

アイコスは、電子機器でタバコの葉を加熱します。

吸い込んだものを吐くと煙のように見える水蒸気と微量の煙が出ています。

タバコといえば臭いがつきものですが、アイコスにはそれほど臭いはありません。

有害な物質も9割ほど少なくなっているのです。

アイコスは、加熱機器と充電器が必要で、その上でヒートスティックと呼ばれるタバコを取りつけて吸います。

加熱と充電機器の値段は数千円です。

ヒートスティックは20本入りで500円弱です。また、アイコスは吸殻が出ます。

電子タバコと紙タバコを比較

タバコには、電子タバコと紙タバコの2種類があります。

先ほどのアイコスは電子タバコです。タバコの葉を加熱するタバコと言われています。

一般的に、電子タバコというと、リキッドタイプのものです。リキッドタイプは、吸って吐くと水蒸気が出てきます。

リキッドには、色々な香りが付けられています。一つの香りを楽しむ他、リキッドを混ぜて楽しめるのです。

その香りは食用にも使えます。吸っても害はなく、紙巻タバコのように健康を害することはありません。

また、ヘビースモーカーだった人が電子タバコを使うことで、禁煙に成功したという話もあるのです。

灰も吸殻も出ないので、灰皿が要りません。

電子タバコを使用するためには、吸入機器とフレーバーカートリッジが必要です。

また、製品によってはバッテリーも必要になります。

値段は、吸うための機器などを含むスターターキットが数千円で、フレーバーカートリッジは1000円前後です。