ニコチンガムで禁煙!効果や副作用は?

ニコチンガムで禁煙する

ニコチンガムは、少量のニコチンが含有された禁煙補助薬です。

タバコをやめようとすると離脱症状が発生します。離脱症状とは、タバコを吸いたくてたまらない気持ちやイライラ感が起こることです。

離脱症状が生じると、その症状の苦しさから、またタバコを吸ってしまいがちです。

しかし、離脱症状を感じた時にニコチンガムを使えば、イライラ感などが抑えられます。

ニコチンガムは、禁煙中にイライラ感や不安感などがあらわれたら30分から60分かけて噛むのです。

少量のニコチンを摂取することで、離脱症状を抑えられます。

ニコチンガムの回数を減らすタイミングは、ニコチンガムを使用してから1カ月ほど経過した頃です。最終的にはニコチンガムも使わずに生活できたら、禁煙の成功となります。

ニコチンガムの値段は、10個入りで1,000円前後です。96個入りの場合は6,000円前後が相場となっています。また、ドラッグストアでは、割引などでより安く買えます。

ニコチンガムで禁煙!副作用が気になる

ニコチンガムは禁煙補助薬であるため、人によっては副作用が起こる場合があります。

副作用の症状は、めまいや吐き気、頭痛、動悸などです。また、皮膚の痒みや食欲不振などの体調不良が生じる場合もあります。

このような症状があらわれた時は、医師や薬剤師に相談するのがおすすめです。

また、口の中やのど、舌が荒れたり、歯肉炎が起こります。

これらの異常は、ガムを使う時に、ゆっくり噛むことを心がければ起こりません。

そのため、噛み方には気をつけましょう。

また、ニコチンガムを使い始めたらタバコを吸うのはやめましょう。

使用中や、使用し終わった後にタバコを吸うと、ニコチンが過剰摂取されることになり、めまいや吐き気などの副作用が起こります。

ニコチンガムで禁煙する時は、説明書をよく読んでから使用上の注意を守って使いましょう。